土曜日ですが、いつものように朝から各種業務があります。
一息ついたところで、今年最後になるであろう「いかなごのくぎ煮の制作」に取り組みました。
いかなご
もう、明日でいかなご漁は終わりのようです。
今回1kgが2,000円でした。今年はとても高価です。できれば1,000円を切った価格であってほしい、と願いますが、いかなご自体が不漁のようです。神戸の海にいかなごはいなくなってしまうのでしょうか。
いかなご
ザラメ砂糖・醤油等と薬味(今回はショウガの千切りにしました)を入れて、ぐつぐつと炊き上げます。
いかなご
コツは「かき混ぜない」ということだそうです。少々固くなるまでまたないと、頭が取れてしまうそうです。
いかなご
水分がだいぶ飛んだところで、鍋ごと大ぶりして上下をかき混ぜ、炊き上げて終わりです。

ざるに上げて、熱を取ります。冷めたら容器に移し替えます。

春の風物詩であるいかなご作りも終わり、またまた制作に励む隣では、息子達もそれぞれの休日を過ごしていました。

子育てしながら、試行錯誤しながらの、お仕事でございます。とても有り難いです。協力してくださる皆様に深く感謝しながら、切磋琢磨して参ります。